Solution

ObservePoint
ObservePoint

Function

Function 1

あなたのサイトをクロールし、発火したタグを自動検知してリスト化します。 検出したそれぞれのタグについて、何個のアカウントが存在しているか、二重発火しているタグは無いか、計測されている値は何か、ロードに時間がかかっていないか等あらゆる情報を記録します。

Web Assurance(サイトのタグ自動検出と監査)
Function 2

入力フォームやカートへの商品追加など、通常のクローラーでは巡回できない場所でも心配ありません。ObservePointではサイト内での行動を予め設定しておくことでフォームに値を入力したりしてクローリングします。CV導線が正しく遷移できるかを毎日チェックすることも可能です。

Web Journey(CVチェックや特定経路の監査)
Function 3

モバイルアプリに実装している計測ツール等についても監査が可能です。 アプリのバイナリファイルをObservePointにアップすることで各画面でどのツールが発火していてどのデータが計測されているかをすぐに確認できるため、アプリリリース前の検証作業の手間を削減できます。

App Assurance(アプリ埋め込みツールの監査)

Service

Service 1

ObservePointの導入において必要なクロール対象URLや動的要素の監査設定、監査する計測値のルール設定など有用なデータを取るための初期設定を支援します。

費用
Service 2

ObservePointは初期導入を行えば運用はほとんど自動化されますが、利用に不安がある場合にエクスチュアのスペシャリストが伴走してフル活用できるようにサポートします。

費用

Recommend

実際には自社のサイトに実装されているタグを全て正しく把握できているウェブマスターは殆どいません。
常に更新されているサイトにおいて、そもそもタグリストの作成・更新を行うことは困難なため、ObservePointのようなツールで賄うことで課題が解決できます。

ObservePointはグローバルで利用されているツールであり、多くのタグが自動検出可能です。
また、もし検出できないタグがあった場合はObservePoint社へ依頼することで追加が可能なため、貴社独自のタグの検出も可能になります。
サイトの監査は一度だけでは終わりません。新しいページが追加された際やサイトの更新があった場合ににタグが抜けていたり、他部署によってある日突然タグが導入されていたりと常にサイトの状況を把握しておかなければリスクがあります。毎日〜毎週チェックし続けることがお勧めです。
ObservePointで行っている検証は、クロール対象の全てのページの全てのタグの発火状況の確認です。通常のサイトでは人手で非常に多くの時間がかかる検証作業を自動化できるためメリットがあります。
検証作業に多くの時間を使うのではなく、売上を上げるため等の他のことに時間を使うことでより価値のある時間が確保できます。
ObservePointは全て英語で機能が提供されますが心配はいりません。ObservePoint内で使われている言葉は監査に関連する少しの種類の言葉しかないため慣れれば理解しやすいですし、エクスチュアのスタッフが内容理解のためのサポートを行います。