Solution

Adobe Target
Adobe Target

Function

Function 1

Adobe Targetの設定画面は実際のウェブページを読み込み、差し替えたい箇所を選択することで設定が可能です。 コンテンツの画像切り替えや上下入れ替え等の設定はHTMLの知識がなくても設定可能で考えた施策をすぐに実行できます。

設定のしやすいビジュアルエディタ機能
Function 2

Adobe Targetのビジュアルエディタ上では画面の横幅の指定もできるため、レスポンシブデザインのページについてもスマートフォン対応のページが表示された状態で設定が可能です。

スマホサイトも対応
Function 3

Adobe TargetはAdobe Experience Cloudのセグメントを流用可能です。 これにより、Adobe Analyticsで分析した結果作成したセグメントやオフラインデータの会員属性に基づいたコンテンツ配信を行うことができます。

Adobe AnalyticsやAdobe Audience Managerと連携
Function 4

Adobe Target Premiumでは配信結果を自己学習して自動的に配信するコンテンツを最適化する機能があります。配信内容を都度調整しなくても常に最適な状態を保ちます。

自己学習によるターゲティング配信の自動最適化機能
Function 5

Adobe Target Premiuではレコメンデーション機能も搭載しており、貴社サイトに容易にレコメンド枠を設置できます。 レコメンドアルゴリズムは都度変更が可能でA/Bテストもできるため、どのアルゴリズムが最も成果を産むかを簡単に試すことができます。

レコメンデーション機能
Function 6

Adobe Targetだけでも配信結果のレポートは確認できますが、Adobe Analyticsと同時利用することでAdobe Analyticsで計測している各種データと掛け合わせて分析が可能になります。 特定のセグメントでは成果が出るが他のセグメントでは効果が出ない、といったことはA/Bテストでは良く起きます。行動特性や属性別に効果が出るコンテンツを把握していくことで今後の知見として蓄積ができます。

配信結果の分析はAdobe Analyticsと連携

Service

Service 1

Adobe Targetをサイトに導入して初回の配信が可能な状態にします。 ビジュアルエディタ上での設定も支援し、施策の実行を行えるようにします。

費用
Service 2

Adobe Targetの施策は1回では終わらず常にPDCAサイクルを回すことが重要です。 エクスチュアが定期的に支援をすることで施策実施・振り返り・次回施策立案・設定を途切れないようにいたします。

費用
Service 3

自社で運用ができている企業様向けには、技術的に不明点が出た時にのみお問い合わせ対応するチケット制のサポートもご用意しています。

費用